活性化された脳で数多の病魔を撃退【dhaの効果で危険からの回避】

魚から得られる栄養分

お年寄り

心臓病などに効く成分

dhaは、Docosahexaenoic acidの略で、日本語ではドコサヘキサエン酸と表現されています。主に魚油に多く含まれており、健康にいい影響があることが知られています。人間は自分の体内でdhaを合成できないことです。そのため、これを摂取するには魚をたくさん食べるか、植物性油を取る、もしくはサプリメントなどから摂取する必要があります。このdhaには気に留めておく必要がある点があります。それは、dhaの摂取によって、心臓病のリスクを低くすることができること、アルツハイマー型痴呆やうつ病に効果があると知られていることです。逆に言うと、魚あるいはサプリメントでdhaを取っていると、このような病気に罹りにくいということです。

細胞膜の構造

dhaが体内でどのようにできて、そしてどのような働きをしているかについての知識を紹介します。魚などの食品からdhaを直接摂取する以外に、植物性の食品などからα-リノレン酸を取ることでも間接的に取ることができます。体内では、このα-リノレン酸からdhaを合成するためです。α-リノレン酸は、エゴマや大豆、アブラナなどから取ることができます。dhaは油の一種で細胞膜の成分の一つです。dhaは神経細胞の細胞膜を柔らかくする効果があり、これによって神経細胞が伸長したり成長したりすることが促進されます。そのため、神経系の病気に効果があることが分かっています。例えば、先ほど述べたアルツハイマー型痴呆症やうつ病などです。

Copyright © 2016 活性化された脳で数多の病魔を撃退【dhaの効果で危険からの回避】 All Rights Reserved.